上映可能作品

  • ロラックスおじさんの秘密の種|大阪映画センター
  • 怪盗グルーのミニオン危機一発|大阪映画センター
  • かんからさんしん|大阪映画センター
  • 対馬丸 ―さようなら沖縄―|大阪映画センター
  • クロがいた夏|大阪映画センター
  • 象のいない動物園|大阪映画センター
  • はだしのゲン|大阪映画センター
  • あした元気にな〜れ! 〜半分のさつまいも〜|大阪映画センター
  • モンスターズ・ユニバーシティ|大阪映画センター
  • レゴムービー|大阪映画センター
  • メアリーと秘密の王国|大阪映画センター
  • ムーミン 南の海で楽しいバカンス|大阪映画センター
  • 月光の夏|大阪映画センター
  • 夕凪の街 桜の国|大阪映画センター
  • ひまわり 〜沖縄は忘れない あの日の空を〜|大阪映画センター
  • 飛べ!ダコタ|大阪映画センター
  • アオギリにたくして|大阪映画センター
  • ベイマックス|大阪映画センター
  • かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち|大阪映画センター
  • ミニオンズ|大阪映画センター
  • ナッツジョブ 〜サーリー&バディのピーナッツ大作戦!〜|大阪映画センター
  • あなたをずっとあいしてる|大阪映画センター
  • サクラ花 〜桜花最期の特攻〜|大阪映画センター
  • みつばちマーヤの大冒険|大阪映画センター
  • ペット|大阪映画センター
< 進む
戻る >
大阪映画センター 上映可能作品

ペット|大阪映画センター

ペット

<ストーリー>

犬のマックスは、ニューヨークで大好きな飼い主のケイティと最高のハッピーライフを送っていた。

ところが、ケイティが大型犬デュークを新たに連れてきたことから、マックスの生活環境はガラリと変化する。

マックスとデュークが何とか自分が優位に立とうと頑 張っていたある日、ひょんなことから彼らは迷子になってしまい…。

飼い主たちが知らないペットたちのキュートな姿に笑いがこみ上げる。

ペット 大阪映画センター

みつばちマーヤの大冒険|大阪映画センター

みつばちマーヤの大冒険

<ストーリー>

生後間もないミツバチのマーヤは、親友ウィリーと一緒に安全な巣を離れ外の世界へと飛び出す。

彼らはバッタのフィリップと出会い、自然界のルールや厳しさと共にその魅力を教えられ、スズメバチの子供スティングとも仲良くなる。

だが、本来ミツバチとスズメバチは仲が悪く、勢力争いを続けており…。

日本でもテレビアニメ化されたワルデマル・ボンゼルスの児童文学「みつばちマーヤの冒険」を映画化した感動作。

次第にたくましく育つ主人公の挑戦に元気をもらう。

みつばちマーヤの大冒険 大阪映画センター

サクラ花 〜桜花最期の特攻〜|大阪映画センター

サクラ花 〜桜花最期の特攻〜

<ストーリー>
いま、未来を担う若者へ――戦時の若者たちの姿を伝えたい
第二次世界大戦末期の昭和20年夏、茨城県神之池基地(現在の神栖・鹿嶋)を、「桜花」を載せた一式陸攻機は大空へと飛び立った。

8人の隊員は、刻一刻と敵艦隊に近づいていく。

猛攻撃を受け、ひとり、またひとりと空に散る、「桜の戦士たち」。

それは想像を超える無残な現実だった…。

戦後70年を迎えるにあたって、史実として知られていない「知られざる特攻兵器・桜花」にスポットをあてた作品。

サクラ花 〜桜花最期の特攻〜 大阪映画センター

あなたをずっとあいしてる|大阪映画センター

あなたをずっとあいしてる

<ストーリー>

数多くの恐竜たちが生息している太古の世界。幼いティラノサウルスのトロンは、両親のゼスタとセラを亡くしてしまう。

深い悲しみと孤独が押し寄せるが、彼はたった一人で生きていくことを決意する。

険しい山々を越え、うっそうとしたジャングルを抜け、キラリやメソメソといった仲間と出会うトロン。彼らと触れ合いな がら、強さや勇気、友情について学んでいくが、凶悪な恐竜バルドの群れと出くわしてしまう。

宮西達也のベストセラー絵本「ティラノサウルス」シリーズの人気作を基にしたアニメ。

あなたをずっとあいしてる 大阪映画センター

ナッツジョブ 〜サーリー&バディのピーナッツ大作戦!〜|大阪映画センター

ナッツジョブ 〜サーリー&バディのピーナッツ大作戦!〜

<ストーリー>

都会の公園、リバティパーク。そこではアライグマのラクーンをリーダーに、リス、ネズミ、モグラといった小動物がコミュニティーを築いていたが、森が食糧危機に陥る。

そんな中、リスのサーリーは みんなを差し置いて公園のすぐ近くにある屋台のナッツを独占しようとしたことからパークを追放されてしまう。

失意に暮れながら街をさまよう彼はナッツ専門店を発見、ネズミのバディとコンビを組んでナッツ強奪作戦を敢行することに。しかし、その店は銀行強盗を計画するギャングのアジトだった…。

ナッツジョブ 〜サーリー&バディのピーナッツ大作戦!〜 大阪映画センター

ミニオンズ|大阪映画センター

ミニオンズ

<ストーリー>

バナナに目がない不思議な黄色い生物ミニオンたちは、人類誕生よりもはるか以前に生息していた。

彼らの唯一の目的は、向かうところ敵なしのボスに従うことだったが…。

『怪盗グルー』シリーズで登場し人気を博した、謎の生物ミニオンたちが主人公のアニメーション。

正体不明の愛くるしいキャラクター、ミニオンたちの秘密や、グルーとの出会いなどが本作で明らかになる。

世界中を笑いの渦で包み込む、キュートなミニオンたちの知られざる謎に目を見張る。

ミニオンズ 大阪映画センター

かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち|大阪映画センター

かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち

<ストーリー>

大流行の宇宙の石を見つけて大もうけしようと、海底を探索するゾロリと双子イノシシのイシシとノシシ。ところがあることがきっかけで、ゾロリたちは宇宙に放り出された上に、ムムーン星という謎の 星に行き着く。

美少女クララと出会ったゾロリは、彼女に巨大怪獣からムムーン星を救ってほしいと頼まれ、イシシやノシシと一緒に怪獣を退治することを決意する。

長年にわたって児童書やテレビアニメとして小学生に愛されてきた人気作を、原作者の原ゆたか協力 のもと完全オリジナルストーリーで映画化。

かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち 大阪映画センター

ベイマックス|大阪映画センター

ベイマックス

<ストーリー>

西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。そこに暮らしている14歳の天才児ヒロは、たった一人の肉親であった兄のタダシを亡くしてしまう。

深い悲しみに沈む彼だったが、その前にタダシが開発した風船のように膨らむ柔らかくて白い体のロボット、ベイマックスが現れる。

苦しんでいる人々を回復させるためのケアロボット・ベイマックスの優しさに触れて生気がよみがえってきたヒロは、タダシの死に不審なものを感じて真相を追い求めようと動き出す。

ベイマックス 大阪映画センター

アオギリにたくして|大阪映画センター

アオギリにたくして

<ストーリー>

広島で被爆したアオギリの苗を全国各地で植樹し始めた田中節子。世界的にひろがりつつ­­あるこの活動に興味を惹かれたライターの片桐千草は、取材中に知り合った節子の妹か­ら­彼女の生前の日記を預かる。

そこには原爆により足を失った女性の苦しみが克明に綴­られて­いた…。

壮絶な人生を歩んだ、過酷にして清澄な女性の軌跡。

アオギリにたくして 大阪映画センター

飛べ!ダコタ|大阪映画センター

飛べ!ダコタ

<ストーリー>

終戦から5か月後の昭和21年1月14日。上海から東京へイギリス総領事を送る途中だったイギリス空軍要人機ダコタが悪天候に見舞われ、新潟県は佐渡島にある高千村の海岸に不時着する。

ダコタは砂に埋もれ、滑走路もないことから乗組員は島にとどまることを強いられる

。敵国であったイギリス軍人を前に、戦争で家族を失った者、いまだ戦地から戻らぬ息子を待つ者も少なくない住民たちは複雑な感情を抱く。だが、ダコタの第一発見者である千代子の父で村長の新太郎は、率先して彼らを温かに迎え入れる。

飛べ!ダコタ 大阪映画センター

ひまわり 〜沖縄は忘れない あの日の空を〜|大阪映画センター

ひまわり 〜沖縄は忘れない あの日の空を〜

<ストーリー>

1959年6月30日、突然、米軍のジェット戦闘機が宮森小学校に墜落した。11歳の良太は助かったが、多くの友達が命を落としてしまった。

それから53年目の2012年、年老いた良太は妻を失い娘の世話を受けている。孫である大学生の琉一は、ゼミ仲間と共に「沖国大米軍ヘリ墜落事件」と「石川・宮森ジェット機墜落事故」のレポート活動を始めるが、頑なに事件の真相を語らない良太をはじめ、事件の傷跡は今も深く遺族の心を苦しめていた…。

ひまわり 〜沖縄は忘れない あの日の空を〜 大阪映画センター

夕凪の街 桜の国|大阪映画センター

夕凪の街 桜の国

<ストーリー>

「夕凪の街」

昭和33年、復興が進む広島で、平野皆実は母・フジミと貧しくも平穏に暮らしている。弟・旭は戦時中に水戸へ疎開し、そのままおば夫婦の養子になっていた。

ある日、皆実は会社の同僚・打越から愛の告白を受ける。しかし、原爆で自分が生き残った罪悪感を感じる皆実は、幸せに飛び込んでいけない。そんな皆実の想いを打越は優しく包み込む―。

「桜の国」

平成19年、夏の東京。定年退職した旭と一緒に暮らす娘の七波は、父親の最近の行動を心配していた。今夜も一人、家族に内緒で出かけていく

夕凪の街 桜の国 大阪映画センター

月光の夏|大阪映画センター

月光の夏

<ストーリー>

第二次世界大戦末期の夏。九州の鳥栖国民学校に、出撃を明日に控えた2人の陸軍特攻隊員が訪れる。

1人はグランドピアノでベートーヴェンのピアノソナタ“月光”を弾き、もう1人は子どもたちの歌う“海ゆかば”を演奏して去っていった。

戦後、演奏に立ち会った当時の教師・吉岡公子が、ピアノの保存のため小学校でその思い出を語り、それが大きな反響を呼んだことで、次第にその特攻隊たちについて明らかになってゆくのだが…。

実話等を元に創作された毛利恒之による同名のドキュメンタリー小説を映画化

月光の夏 大阪映画センター

ムーミン 南の海で楽しいバカンス|大阪映画センター

ムーミン 南の海で楽しいバカンス

<ストーリー>

ムーミン一家は、ムーミン谷を抜け出し、南の海へとバカンスにやってくる。わくわくしていた気分もつかの間、フローレンとムーミンパパは貴族の豪華で贅沢な暮らしにすっかり虜になってしまう。

そんなふたりに腹を立てたムーミンとムーミンママは、ホテルから飛び出してしまう…。

果たしてムーミンたちはこのままバラバラになってしまうのか?

ムーミン 南の海で楽しいバカンス 大阪映画センター

メアリーと秘密の王国|大阪映画センター

メアリーと秘密の王国

<ストーリー>

森の奥にある父親の家にやって来たメアリーは、偶然森の王国に住む小さな女王に出会い、自分までもが小さくなってしまう。

自然豊かな王国を守るには、王位継承の日にある花のつぼみを開花させなければならない。ところが、森を 滅ぼそうとする悪の勢力がそれを阻止しようとしていた。

メアリーはひょんなことから森の運命を託される。

神秘の森を舞台に平凡な少女と小さな人たちが繰り広げる冒険を鮮やかな映像で描くアニメ。友情や父娘の絆を描くストーリーに感動する。

メアリーと秘密の王国 大阪映画センター

レゴムービー|大阪映画センター

レゴムービー

<ストーリー>

エメットは、いたって普通なレゴのミニフィギュア。にもかかわらず、どういうわけか人知を超えた能力を誇り、世界を救う鍵となる人物だと周囲から勘違いされてしまう。

困惑する中、謎めいたグループのメンバーに迎え入れられた上に、バットマンやスーパーマンも入り乱れる巨悪退治の冒険に出ることに。

救世主やヒーローの自覚もなければ世界を救う覚悟もない彼は、行く先々で大騒動を巻き起こしていく。

世界中で親しまれているデンマーク発のブロック玩具、LEGO(R)をフィーチャーしたアニメ。

レゴムービー 大阪映画センター

モンスターズ・ユニバーシティ|大阪映画センター

モンスターズ・ユニバーシティ

<ストーリー>

人間の子どもたちを怖がらせ、その悲鳴をエネルギー源として用いるモンスターの世界。

そこに暮らすモンスターのマイクは、明朗活発でポジティブな思考の持ち主だったが、仲間よりも体が小さくてルックスもかわいいことに劣等感を抱いていた。

これでは子どもたちを絶叫させる“恐がらせ屋”にはなれないと、世界中のモンスターが憧れを抱く名門大学「モンスターズ・ユニバーシティ」に入学。期待に胸 を膨らませる彼だが…。

ディズニー/ピクサーの代表作である、『モンスターズ・インク』のシリーズ第2弾

モンスターズ・ユニバーシティ 大阪映画センター

あした元気にな〜れ! 〜半分のさつまいも〜|大阪映画センター

あした元気にな〜れ! 〜半分のさつまいも〜

<ストーリー>

かよ子の家は、東京の下町、昔の住所でいえば本所区立川にあった。家の屋号は「竿忠」といい、父は釣り竿作りの職人で、母、祖母、4人の兄弟、一家7人で暮らしていた。

戦局がきびしくなり、かよ子は沼津の静江叔母さんの家に縁故疎開する。

米軍のB29による本土空襲は本格的になり、昭和20年3月9日未明、後に「東京大空襲」とよばれる空襲で東京の下町一帯は火の海となった…。

作家・エッセイストとして活躍する海老名香葉子の「半分のさつまいも」を原作に、戦災孤児となった兄妹が明るくたくましく生きていく姿を

あした元気にな〜れ! 〜半分のさつまいも〜 大阪映画センター

はだしのゲン|大阪映画センター

はだしのゲン

<ストーリー>

1945年、初夏。広島に住む少年、中岡元(ゲン)とその家族は、長引く戦争のため、食料がなく苦しい毎日を過ごしながらも励まし合って生きてきた。

そして、運命の8月6日8時15分、B−29爆撃機エノラ・ゲイ号によって投下された原子爆弾は、とてつもない破壊力で広島の人々を地獄の底に突き落とし、ゲンもまたかけがえのない父・姉・弟を失う。母と生き残ったゲンはさまざまな困難や苦しみにめげず、敗戦を迎えた日本・広島の焼け野原の中、必至に生き抜いていく。

はだしのゲン 大阪映画センター

象のいない動物園|大阪映画センター

象のいない動物園

<ストーリー>

戦争が激しくなった昭和18年、上野動物園では爆撃のために動物が町へ逃げ出したら危険だということで、多くの動物たちが次々に殺された。

子どもたちの人気者だった動物たち。飼育係は世話をしていた動物を自ら殺さなければならないのだった。

そして、毒のエサも注射も効かないゾウは餓死させることに…。

戦後、焼け跡の中でけなげに生きる子どもたちの“ゾウを見たい”という熱意が、ついにはインドの首相や政府を動かし、ゾウを呼び寄せるまでを描く実話。

象のいない動物園 大阪映画センター

クロがいた夏|大阪映画センター

クロがいた夏

<ストーリー>

ある日伸子は、カラスに襲われている親子のネコに出会う。思わず助けにはいるが、お母さんネコは死んでしまう。

子ネコを連れ帰った伸子だったが、お父さんは許してくれない。やっとのことでお父さんが飼うことを認めてくれてからは、家族の毎日は、それまでの2倍、3倍にも楽しい毎日になっていく。

でも、ある日突然に…。

中沢啓二が、被爆当時飼っていた子ネコとの交流をもとに原作を描いたアニメーション。

命の尊さと、核兵器の恐ろしさを描く。

クロがいた夏 大阪映画センター

対馬丸 ―さようなら沖縄―|大阪映画センター

対馬丸 ―さようなら沖縄―

<ストーリー>

1944年8月21日、沖縄の本土疎開学童800人あまりを乗せた対馬丸が、曇天、ときどきスコール、さらには台風の接近にもかかわらず出航。

そして翌22日、船はアメリカ軍の潜水艦に発見され、魚雷攻撃の末に沈没。

学童の生存者はわずか59名。

その事実は軍部により闇から闇へ葬られ、2ヶ月後、アメリカ軍の沖縄攻略作戦が本格化していった。

犠牲者のほとんどが学童や一般人という、疎開船「 対馬丸」の悲劇を描いたドキュメンタリー・アニメ。

対馬丸 ―さようなら沖縄― 大阪映画センター

かんからさんしん|大阪映画センター

かんからさんしん

<ストーリー>

沖縄にもおしよせてきた戦争。13歳の少年マサは、戦地へ向かう父親から家宝の三線を預かり、必死に母と妹を守ろうとする。

ついに津堅島へ米軍が上陸。洞窟にたてこもる3万もの日本兵とマサたち十数万の民間人。

次第に食料も底を尽く中、日本兵に「全員玉砕」の命令が下る…。

戦争を知らない世代が増える中、沖縄県民の「二度とあの悲劇をくり返してはならない」という切なる願いを込められた作品。

かんからさんしん 大阪映画センター

怪盗グルーのミニオン危機一発|大阪映画センター

怪盗グルーのミニオン危機一発

<ストーリー>

皮肉屋の怪盗グルーは心を入れ替え、バナナが大好きなミニオンたちに支えられながらマイホームパパになろうと努力していた。

ある日、彼は世界トップクラスの超極秘組織「反悪党同盟」に引き抜かれ、相棒のルーシーと共に捜査にあたることになる。そんな折り、彼の家から無敵のチームであるミニオンたちが何者かにさらわれてしまう…。

怪盗グルーのミニオン危機一発 大阪映画センター

ロラックスおじさんの秘密の種|大阪映画センター

ロラックスおじさんの秘密の種

<ストーリー>

少年テッドは、一本の木さえ育たないほど最悪の環境状態にある世界で暮らしている。彼が住んでいる人工の街だけは実力者のオヘア氏によって環境が整えられ、空気もきれいで過ごしやすく保たれていた。

ある日、テッドは好きな女の子にいいところを見せようと、これまで誰も見たことがない本物の木を探しに行くことにする。そこで祖母から街の外で一人で暮らしているワンスラーのことを教えてもらい、木を探す手掛かりを得ようとするが…。

ロラックスおじさんの秘密の種 大阪映画センター

大阪映画センター